人材紹介転職エージェント(コンサルタント・キャリアアドバイザー)の転職について

人材紹介のコンサルタント・キャリアアドバイザーとして転職したいという方も多いのですが、エージェントからの転職を考えているという人も数多くいらっしゃいます。
当社ではそのどちらの転職支援も行っていますが、ここではエージェントからの転職、エージェントとして転職するという2つについて見ていきたいと思います。

人材紹介転職エージェントへ転職

転職が当たり前の時代になったことと、昨今の人手不足の影響から採用市場は非常に活発であることから、各人材紹介会社では各企業の採用ニーズに応えるために採用コンサルタント・キャリアアドバイザーの採用を強化しており、求人は非常に数多くあります。
人材紹介に関する求人は「人材紹介経験者」を求める求人もそれなりにありますが、「人材紹介未経験者」でも可とする求人が多いのも特徴で、これまで培ってきた経験が活かしやすく、転職の間口は比較的広いと言えるでしょう。

人材紹介転職エージェント経験者は事業立ち上げポジションでの需要が高い

例えば、経営コンサルや財務会計コンサルを営むファームが新たに職業紹介事業を立ち上げるというケースが増えているのですが、そうした企業における人材紹介事業立ち上げポジションという求人が非常に増えています。

コンサルとして支援するクライアントが事業を伸ばしていくにあたり「人材」採用が経営課題にあがることが増えているため、自社で人材紹介サービスもラインとして持ち、支援できる体制の構築を図っているケースがとても多いです。

こうしたポジションの特徴としては、クライアント自体が優良企業であるケースが多いのと、ハイクラスポジションや専門職種(エンジニア・CxO・管理部門・営業管理職等)の人材紹介を行うケースが多いこと、後は事業立ち上げポジションなので求職者自身がマネジャー・リーダーとして数字を持って引っ張ってきた経験あるいはヘッドハンティング経験がある方を求める傾向にあります。

また、給与や労働条件も一般の職業紹介事業者よりも良いケースが多いため人気の求人の一つとなっています。

これはあくまで一例ですが、人材紹介経験者を求める求人は多いため、転職をお考えの方はお気軽にご登録ください。

未経験から人材紹介会社(キャリアアドバイザー・コンサルタント)へ転職するケースも多い

職業紹介事業経験がない方の求人募集も活発です。

転職あるいは採用支援を行う職種であることから、各職業として働いてきた経験がそのまま活かせるのでどのような職種経験も一定度評価されます。

営業経験者の採用需要が特に高いのですが、その他で特に需要が高いのが、例えば証券・保険など金融の営業経験(対個人・法人)などは営業経験そのものが非常に高く評価されるほか、専門職(介護・看護師・経理・人事・エンジニア等)として働いてきた経験も非常に高く評価されます。
現場を知っているということはエージェント担当者として大きな魅力になります。
また、昨今は動画編集・デジタルマーケティング領域の採用も活発であることから、職業として「Youtube動画編集経験」を持っている方を求める求人などもあったりするので、幅広い経験が活かせるのもポイントです。

ただし、営業要素の強い職業なのでどのような経験を有するにしてもコミュニケーションスキルが必要となります。

企業側への営業・求職者の対応を行うキャリアアドバイザー双方の需要が高い

人材紹介の仕事はザックリ分類すると主に求人の開拓や求人先企業へのフォロー・提案を行う営業よりのリクルーティングアドバイザー(RA)と求職者との面談などがメインとなるキャリアアドバイザー(CA)の2つのお仕事があります。

この2つのお仕事は分業制になっているケースもあれば1人の人が両方を担当する両面型と呼ばれるケースがありますが、どういった働き方になるかはその企業の方針次第となります。

ジョブローテーションなどがありキャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーを定期的に入れ替えたりする企業もありますが、キャリアアドバイザーを行うには一定の知識・経験が必要と考える企業が多いので、入社後は企業側の営業等も担当するケースが多いと言えるでしょう。

どちらのポジションも非常に重要であり、双方に共通して求められる能力が提案力と傾聴力となります。

リクルーティングアドバイザーであれば、なぜその職種を求人募集するのかといった背景から理解して採用依頼を受けることで、求職者に対して的確な求人要綱が作成できるようになるほか、企業側の経営課題なども見えてくるため、そうした課題に対して必要となる人材等の提案等も行えるようになることから、組織コンサルに近しい経験を積むことも可能です。
例えば、IPO準備企業などでは抱えている課題に対してどういった人材を採用していけば解消していけるのかという悩みを抱えているところは多いので、ヒアリング力と提案するスキルを磨いていくことで信頼されるエージェント担当となれるとともにあなたのキャリアも広がります。

キャリアアドバイザーにおいても同様のことが言えるでしょう。

人材紹介エージェントからの転職について

上記までは人材エージェントとして転職することについて記載させていただきましたが、ここからはエージェントから転職することについて見ていきたいと思います。
注意点としては、転職のハードルもそれなりに高く、仕事も楽ではありません。
対価は大きいですが、その分結果を出す必要がありますので、高い営業マインド・スキル・コミュニケーション力は必須条件となります。

人材エージェントから別の領域の営業へと転職

人材紹介会社から転職するケースとしては別業種の営業職へ転職するというものは多いです。

無形商材を取り扱う企業への転職事例が多いですが、例えば採用管理や労務管理ツールを取り扱うSaas企業の提案営業職やDXに関連した営業職など提案要素の強い営業職は経験と身に着けたスキルが活かしやすいため採用されるケースは多くなっています。

営業職への転職ということであれば求人は非常に多いため、基本的に転職先に困るということは無い傾向にあります。

人材エージェントから人事職へ転職

人材紹介会社のコンサルタントから企業の人事職(採用担当)として転職するケースも多くあります。

「採用にかかわる仕事」という点においては一定の共通点はありますが、人事として覚えなければならない業務も数多いことから基本的には20代もしくは30代前半までにキャリアチェンジ転職される方が多い傾向です。

なお、採用とは関係の無い「労務」への転職を希望されるケースも稀にありますが、労務は基本的に経験者採用が基本なので、社会保険労務士資格などをお持ちのケースでも未経験だと採用されないケースも多いことから長期戦を覚悟するか、社労士資格者を募集するコンサル会社(労務系)等で経験を積んでから事業会社の労務担当へ転職する道などがあります。

その他のケースでは、スタートアップベンチャーの人事へ転職をすると採用業務だけでなく労務業務もやらざるを得ない、といったような状況が数多く発生するので、そうしたところから労務経験を積んでいくケースもございます。

教育・研修業界へ転職

人材エージェントは飽きてしまったけど「人に関わる仕事がしたい」「人に寄り添った仕事がしたい」という方は多いです。

こうしたケースでは教育やコーチングなど直接一人一人と接しながらサポート業務を行うお仕事がマッチする傾向にあり、そうしたことから教育に関連した企業へと転職されるケースもあります。

コンサル業界へ転職

人事・組織に関連したコンサルティングを行う企業は数多くありますが、そうしたコンサルティングサービスを提供する企業では人材紹介経験者の採用を行っています。

また、その他のビジネス・IT・経営コンサル領域でもご年齢によっては転職が可能となっています。

注意点としては人材エージェントとして働いていた時よりも激務であるケースが多いので、ワークライフバランスを求めるケースなどでは向かない転職先となるのでご注意ください。

いずれのケースにせよ、人材紹介会社からその他の領域へ転職することは可能であり、比較的求人は多いことから、まずは当社も含めてエージェント登録などを行い、どういった求人があるのか調査してみると良いでしょう。

転職による年収の変化について

人材紹介のエージェントは意外と高い年収がもらえる職業の一つです。

というのもインセンティブの要素が高い職業なので、数多くの転職を実現しているエージェントさんであれば年収1000万円を超えていることも珍しくありません。そのため、エージェントから別の職種へと転職をすると年収が下がるケースも多くあります。

ただ、インセンティブ(賞与等)以外の側面を見ると他の職種へ転職した方が待遇面が改善されるケースもあるため、良いか悪いかはあなたの志向性によるところもあると言えるでしょう。

高年収を求めて人材紹介エージェントを目指すのは有り

別の職種の営業から人材紹介のエージェントをやりたがる方の特徴の一つに、高年収を求めての転職というケースがあります。

先ほど記載した通り、インセンティブの割合が強いので結果を出せばそれなりに高い給与がもらえる可能性は高いです。

ただし、注意しなければならないこともあり、まず、インセンティブの割合を低くしている企業も多いので、短期間でたくさん稼ぐことがし難い企業もいくつかあります。また、人材会社において良い結果を出すポイントの一つに「良いクライアントを持っている」ということがあげられます。皆が入社したいと思うような1流クライアントを保持していた方が売上数字が上げやすいのは当然です。逆に個人の能力がどんなに高くても担当として持っている求人企業が誰も入社してくないようなところだと売上が上げにくいという問題が起こります。中小規模の人材紹介会社だと古参の社員がおいしいクライアントを囲っている可能性があり、特性上数字が上げにくい環境というのも存在しているので多少注意してみた方が良いでしょう。
クライアントは自分で開拓すればよいという考えをお持ちの方もいらっしゃいますが、例えば職種専門特化型の転職エージェントの場合だと開拓しようにも新しい求人先というのがそう多く存在していないというケースもあるため、事前にどういった特徴のエージェント企業なのかは調べておきましょう。

なお、テクノロジー系などを専門に取り扱うエージェントの場合は最先端技術を活かした最先端な企業が新しく出てきたりするので、新参者でも良いクライアントがゲットできる可能性は高いです。

転職支援サービス利用の流れ

  • 無料転職登録

    まずは「無料転職登録」より転職登録を行ってください。

    ご登録頂きましたら当社より3営業日以内を目安にご連絡させていただきます。

  • キャリアカウンセリング・求人紹介

    ご希望に応じてキャリアカウンセリングや求人のご案内などをさせていただきます。
    なお、現在は対面でのキャリアカウンセリングは行っておらず、オンラインあるいはお電話での対応となっております。

  • 求人応募

    応募したい企業がございましたら求人応募手続きを行っていきます。

    ※エージェント業務経験者の方の場合はご自身で書類が作れるかと思いますが未経験であるといったケースや転職そのものが初めてといったケースでは不安もあるでしょうから場合に応じてご希望に合わせて対応させていただきます。

  • 面接

    書類選考に突破しましたら、面接の準備を進めていきます。
    面接に不慣れな方もいらっしゃるかと思いますので、ご希望・状況に応じた適切な面接対策を実施させていただきます。

    ※面接日程調整等は当社にてサポートさせていただきます。

  • 内定・入社

    応募先求人企業から内定を頂きましたら、当社より待遇等の条件のご案内を差し上げます。
    現在行っている業務の都合によっては入社日の調整等が必要になるケースもありますので当社でしっかりサポートさせていただきます。
    また、同時に現職の退職手続きが必要となりますので、お困りごとや心配なことがございましたら当社にご相談ください。

よくある質問

  • 今すぐ転職したいわけでは無いのですが転職相談は可能ですか?

    問題ございません。
    お気軽にご登録ください。


  • 登録やサービスにお金はかかりますか?

    転職サービスの登録から入社まですべて完全無料ですのでご安心ください。

    ※企業への面接に向かう際にかかる交通費等はご自身の負担となります。


  • 土日や祝日、夜間の面談も可能ですか?

    可能です。

    ご希望を伺い、日程調整の上面談日時を決めていきます。


  • 転職相談(面談)はどのように行いますか?

    基本的にオンラインでの面談やお電話等での面談を想定しておりますが、ご希望に応じて対面での面談も実施しております。